読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Amuhara Living

暮らしをアクティブに楽しむ

グルテンフリーダイエットとは何か。その全容、効果についてまとめてみた

グルテンフリー・ダイエットって何〜?

 

こんにちは、Ayumiです。

皆さんはグルテンフリー・ダイエットという言葉をご存知でしょうか? だいぶ前から効果的な食事法として注目されていますよね。

仲の良い友達がグルテンフリーを実践してでかなり肌の調子が良くなったと言っており、今回気になったので、どんな食事法で実際にどんな効果があるのか、調べてみました。

グルテンフリー・ダイエットとは

f:id:haisetan:20170420103051j:plain

 グルテンフリー・ダイエットとは、小麦などから生成されるたんぱく質「グルテン」をとらない食事法のことです。

ダイエット、と言っていますが、英語ではdietは「食事」という意味で、減量法というより食事法であるようです。

そして、もともとは、グルテンアレルギーの方向けに考案された食事法であったそうです。

グルテンの特徴

では、「グルテン」は、どのようなものなのでしょうか? 先ほど小麦から生成されると書きましたが、グルテンはネバネバしたもので、小麦を水と混ぜてこねるとモチモチしてきますが、これがまさにグルテンです。

パンが膨らませた状態を保っていられるのは主にこのグルテンのおかげです。 また、食品以外では増粘剤として利用され、歯磨き粉などにも使われています。

グルテンは私たちの体にどのような影響を与えるのか

こんなグルテンですが、私たちの体に与える影響はどのようなものなのでしょうか? グルテンは主に小腸に悪影響を及ぼす可能性があると言われています。

というのも、この水と反応してモチモチネバネバするという特徴から、その消化が上手くいかないという人もいるらしく、

パン、麺類、菓子類など、このグルテンを含んだ小麦粉製品を食べた後は、小腸の細胞粘膜が緩み、炎症を起こしやすくなるので、ほかの栄養素の吸収や代謝、老廃物の排泄などの機能が狂ってきます。 そのため、慢性的な便秘や下痢、イライラ、頭痛、自己免疫疾患、副腎疲労、アレルギー症状などを引き起こします。 東洋経済オンライン「数々の体調不良、すべて「小麦粉」が元凶かも」より引用

らしいです。 こういう体の不調がある人は、グルテンフリー・ダイエットををお試しでやってみてもいいんじゃないか、とのことです。

また、ダイエット・ボディメイキング関連でいうと、よく血糖値が急に上がると太りやすいので低GIの食品を摂るのが太りにくい、というのはよく言われていますが、 グルテンを含む小麦製品は高GI食品です。

  • GI = Glycemic Index:食後血糖値の上昇度を示す指標のこと

GI値は砂糖に次いで高いと言われており、血糖値が高いとインスリンが大量に分泌され、余った糖を脂肪に変えます。

なので小麦製品というのはそもそも太りやすい食品で、これを抜くことで血糖値の上昇を避け脂肪の蓄積をも回避することができます。

このような点で、グルテンフリーはダイエット・ボディメイキングに向いていると言えるでしょう。

グルテンを含む食品

f:id:haisetan:20170420103108j:plain

 基本的には、小麦製品全般に含まれます。 普通の小麦粉だけではなく、全粒粉大麦、ライ麦にももちろん含まれます。

普段食べているものでいうと、パン全般、パスタ、うどん、中華麺、ピザなどに含まれています。 結構主食系に多いですね。

また、ケーキや、ブラウニー、ドーナツ、バウムクーヘンなど、多くの洋菓子にも小麦粉が使われています。 市販で売っているクッキーやビスケットにももちろん含まれています。

さらには洋菓子よりは少ないですが、どら焼きお饅頭などの和菓子にも。。

そして、こういうところは盲点だと思いますが、市販のカレールーなども小麦粉が含まれているものがほとんどですので、こういうところにもグルテンは含まれています。

こうやってみてみると、身の回りにグルテンを含む食品がとても多いことがわかりますね。

グルテンフリーを実践

実際に、グルテンフリー・ダイエットを実践するとしたらどんな感じの食事になるでしょうか? 基本的には上で書いたような食品をとらないで、食べたければ代替品を摂るということになると思います。

例えば、主食はご飯を中心とするのはもちろんのこと、小麦のパンの代わりに米粉のパンを食べる。

麺類は、パスタ、中華麺、うどんなどを控えて、お蕎麦フォーの麺などを食べる。

おやつは、もちろん普通のクッキーやケーキ、スナック菓子(小麦が入っているものは本当に多いですよ!)、どら焼きとか、饅頭は控えて、フルーツナッツ米粉で作ったお菓子わらび餅などを食べる。

カレールーとかは、グルテンフリーのものは日本ではなかなかないので、カレーを作りたい時はスパイスから作る(料理の腕も上がって一石二鳥!?笑

こうやって書いてみると、結構大変な気もしますね(^^; 本当に小麦製品て多いんだなあと実感!

果たしてここまでやって、どのくらいこの労力に見合う効果が得られるのでしょうか。友達はかなり効果を実感して「グルテンフリーの料理教室に行こうかな」とまで話していましたが笑

人によってはかなり効果があるのかも!

グルテンフリーコーナーも充実しているアメリカ

最後に余談ですが、アメリカのスーパーでは、グルテンフリーコーナーも充実しているみたいです。

欧米では、グルテンフリーやベリタリアンの食品も普通のスーパーにたくさんあり、実践している人はもちろん、興味を持った人も手軽にそういった食品を入手できて良いですよね。

日本でも入手はできますが、高いし、普通のスーパーでは売っていません。そのうちこういうのも手軽に手に入れられるようになったら良いなと思います(^^)