Amuhara Living

趣味のブログ

【現地通貨or日本円】日本から海外に移住する場合アドセンス収益の支払いはどうすればいいのか?調べてみた。

このブログにはGoogleアドセンスによる広告を配置しています。微々たる収益は日本円で頂いています。私は7月の終わりくらいからイギリスに約2年間くらい滞在する予定なのですが、イギリス移住にあたってこのアドセンスはどうすればいのか?という疑問を持ったので、それについて調べてみました。

私は当初勝手に「アカウントはそのままで振込銀行を現地のものに変更して、現地の通貨建て(イギリスならポンド)で払ってもらえるように設定」すればいいのかな〜とか思っていました。

でも違いました。そんな都合のいい設定はありませんでした。。

この記事では、海外移住者がアドセンスを行う場合の2つの方法についてまとめました。ついでに所得税などについても書きましたので参考にしてください。

f:id:haisetan:20170623143916j:plain

アドセンスは登録した住所によって支払い通貨が決まる

利用している人はわかると思いますがアドセンスは住所を登録しますよね。アドセンスはその登録した住所のある通貨で支払いが行われるそうです。

なので日本の住所で登録し確認が取れた皆さんは日本円で、イギリスの住所を登録し確認が取れた皆さんはイギリスポンドでお支払い、ということになるそうです。

今いる場所と登録住所は違ってても良い

登録した住所の現地通貨で支払われると書きましたが、例えばイギリスにいるからといってイギリスポンドでしか受け取れないというわけではないようです。言い換えれば「登録した住所が今自分がいる場所と違っていても良い」そうです。

例えば、イギリスにいながら、実家などの日本の住所に住所変更し、日本の口座で日本円で受け取ることもできる、ということです。

☟この方が実際に体験しています。

となると「日本から海外に移住したらアドセンスの収益はどうやって貰えばいいのか?」という問いに対する答えとなる方法は以下の2つになります。

方法①日本で作ったアドセンスアカウントを閉鎖して、現地で新しいアカウントをつくり(再度サイト申請)、現地通貨で支払いしてもらう

一つ目は現地で新しくアドセンスのアカウントを作り、現地通貨で収益を受け取る、という方法です。外国でアカウントを作る場合、今のアカウントをまず閉鎖しなければなりません。

こちらはアドセンスの公式ページの引用になりますが、

支払い先住所の国を変更する

お支払い先住所の国を変更する場合は、既存の AdSense アカウントを閉鎖してから、変しい住所で新しいアカウントを開設する必要があります。アカウントの閉鎖手続きはこちらから開始できます。アカウントの閉鎖手続きが完了しましたら、新しいアカウントの開設をお申し込みください

(引用元:AdSense アカウントのお支払い先住所を変更する - AdSense ヘルプ

とのことです。

そしてその後外国での住所が決まって住み始めたら、

  • アカウントを作成に向けて改めてサイト申請
  • 許可が下りたら現地の住所を登録
  • 送られてきたPINコードを入力して確認
  • 現地で開設した口座情報を登録
  • デポジット金の確認

という手順を再度踏むと、現地通貨で現地の口座を通して収益を受け取ることができます。

こう見ると、結局やることは場所が変わるだけですね。ただ、 改めてサイト申請が面倒だなと思います。せっかくすでに持っているアカウントがあるのに、それを廃止して通るかもわからないサイトをまた申請するのか、、と考えると気が重くなります。笑

ただ、サイト申請さえ通ればあとはポンポンと進むのかなと思います。

また私が行くイギリスポンドの場合、ポンドが高いので日本円に換金する時にだいぶ大きくなる、というラッキーな点はある、、かな。まあ果たしてそんなに稼げるのかもわかりませんが。

方法②日本で実家などの住所で住所変更をして、そのまま日本の口座に日本円でもらう

次はすでに開設してあるアカウントをそのまま維持させて、日本円で引き続き収益を受け取るという方法です。

日本円でもらうには登録住所が日本にないといけませんね。海外移住する場合、実家でなく一人暮らしや結婚して家族と一緒に住んでいる場合、そのアパートやマンションを引き払うことになると思います。なので実家や信頼できる人の家(と言ってもやはり信頼できる身内がベター)の住所を使わせてもらうようになります。

この後PINコードをアドセンスのマイページ上で入力することになりますが、注意したいのは新住所にPINコードが届くことになるので、それを家族にメールなどで教えてもらうことが必要になります(これが身内がベターと言った理由。やはり信頼できる人でないと危ないと思います)。

また、この場合すぐには引き出して使えないので、現地で使うにはネットバンキングなどで送金・換金することが必要になります。

所得税の問題

また、この際「海外転出届け」を出していても日本で発生した所得については所得税が発生するという記述を見ました。これについては後述します。ちなみに現地で発生した収益に関しては現地の税法にしたがって税金を納めることになります。

現地でアカウントを再度作成して現地通貨で支払いしてもらうのと日本円でそのまま支払いを受けるのとどちらがいいのか?

これは判断が難しいですが、メリットデメリットを比べて見るほかないでしょう。

①現地通貨で支払いを受ける方法のメリット・デメリット

メリット

・送金の手間もなく振り込まれたらすぐ現金で引き出して使える
・まとまった収益が生じれば為替によっては円にした時に増える

デメリット

・改めてサイト申請してアカウントを作るのがめんどくさい
・帰国したらまた日本で再申請するのがめんどくさい

②住所変更して日本円で引き続き支払いを受ける方法のメリット・デメリット

メリット

・住所変更すればOK。アカウント再作成・サイト再申請する必要がない

デメリット

・すぐ引き出せない
日本での所得税とかを考えるのがめんどくさい(課税対象の所得を超えた場合、海外から確定申告する必要性も)

海外在住者のネット収益にかかる所得税の支払いについて

税金に関しては知っておかなければならない情報であり、判断基準にもなり得ます。

これは海外でフリーランスとしてクラウドワークスで収入を得ている方の質問なのですが、この質問がとても参考になりました。

crowdworks.jp

私も海外に居住・開業しているため、開業時に同じような不安が有り、
知人を介して税理士さんに確認したことが有ります。

その時の回答としては、
 基本的に、仕事をしている国に税金は納める
ということで、日本企業との取引で有っても、実際の業務を海外でしていれば、
その業務をしている国(業務開始の届出をしている必要が有りますが)での
所得として税金を納めると言うことでした。
但し、報酬を日本国内の口座間取引にすると、疑義が生じて難しくなるので、
できる限り、その国の口座への振り込みか、現金取引にした方が良いとアドバイスを貰っています。

(引用元:海外在住(非居住者)の場合の確定申告 - みんなのお仕事相談所 [ID:3643]

大事だなと思ったところをまとめると、

  • 日本企業からの報酬でも現地口座に振り込まれれば、現地の所得税法に従う
  • 日本企業から日本円で日本の口座に振込となれば、日本の所得税法に従う(確定申告)
  • 日本円で振り込んでもらう場合、めんどくさいので取引企業に源泉徴収してもらった方が良い
  • それもめんどくさいので、海外にいる場合は現地口座で取引した方が良い

やはり海外在住者の日本口座での日本円での収益受け取りは税理士さんもおすすめしないほどややこしくなるんですね

補足:ちなみに住民税は?

住民税の方が単純でした。住民税はその年の1月1日に日本で住民登録されているかいないかで支払い義務が生じるとのことです。

なので例えば2017年9月に海外転出して、1月1日時点でまだ海外にいる場合は、その後一年の住民税の支払い義務はないということになります。

結論

所得税の件が個人的にとてもめんどくさく感じるので(そこまで収益ないけどww)、今の所、日本のアカウント廃止からのイギリスでアカウント作成・サイト再申請・イギリスポンドで支払いの方向で考えています。

所得税の件がめんどくさいと言っても、イギリスポンドで受け取っても結局たくさん受け取れるようになった場合、今度は英語で所得税に件について調べなきゃならないんですよね。そっちもめんどくさい気が。。てか言語が違う分そっちの方がめんどくさいんじゃないか?

ちょっともう少し考えてみる必要がありそうです。