読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Amuhara Living

暮らしをアクティブに楽しむ

人生に迷った時、答えは自分の中にある

答えは必ず自分の中にある。

 

こんにちは、Ayumiです(=゚ω゚)ノ

職場の好きな先輩が突然鬱で辞めたりして、最近はずっと薄暗がりの中を生きていました。

悲しいことというのは突然起こるものですね。

いろいろはしょりますが、私ももう学ぶことはほとんどないと思ったので職場を離れることにしました。

次の仕事をどうするか

職場を離れることを決めましたが、同時に次の仕事をどうしようかと考えなければなりませんでした。

でもずっとモヤモヤしていて、後輩のNちゃんに「(辞めて新しいことを始められて)一番楽しい時期ですね♩」って笑顔で言われたけど、なんかそう思えませんでした。アレコレ考えるんだけど、なんかパッとしないんですよね。

「時給もいいし派遣にする?またオフィス系に戻るのもいいかもよ」「花屋は?フラワーアレンジメント興味あるし」「それか手芸屋とか?」

頭の中にいろんな候補が浮かんでくるものの、ずっとモヤモヤしていました。

元店長からの言葉

そんな中、今日昔お世話になった人(前の店長)が職場に来てくれて、少し話してくれました。

「何かここで得るものがあったと思ってもらえたなら嬉しい。僕らもずっといるかわからないけど、今後どうなるにしろここに居たことがステップになってればいいと思ってる」

と言ってくれました。

(ステップか、、私はここに2年間いたけどどうだったかな。得たものは、、、あったか?いや無いかも。結局なんだったんだよ。トホホ)

ある問い

帰り道、何故モヤモヤしているかをずっと考えていました。モヤモヤしすぎて、友達に電話をかけまくろうかと思ったほど(普段そんなことしない)。

「ステップか、、この職場はステップになるのかな。てかそもそも、何でここで働こうと思ったんだっけ?」

ずっと考えに考えて、結局この問いがこの問題を解決する鍵となりました。

ある思いから第二の人生は始まった

この職場は、私が鬱で正社員を辞めて以来初めて働き始めた職場でした。

私は鬱状態を克服する中で「自分を大切にする重要性を伝えていこう、それを人生のライフワークとしよう」と決め、その「自分を大切にする」手段の一つとして健康食品に興味を持ち、ここで働こうと思ったんだった。

ある意味第二の人生のスタートだった。

これは余談ですが、最初は菜食の料理家になろうと思っていました。でもそもそも料理自体への情熱があまりなかったし菜食縛りがきつくて断念しました。今は違う方向性で模索しています。

モヤっとしていた理由

そして、この「自分を大切にする重要性を伝えたい」という思いから自分は始まったんだ、この職場に来たんだ、という気づきこそが、私がモヤモヤの渦から出るきっかけとなりました。

結局モヤっとしていたのは、時給の高い派遣事務も、花屋も、上っ面の興味だけでそこに自分の理念が乗っていない感じがしたからなんじゃないかと思うんですよね。

最近は、手芸販売の方もやろうと思っていて頑張っているんですがそれもなんだか楽しくなかったのは「ただやってたから」かもなあ。もともとは、理念に乗せてブランド化させたいと思ってたんです。

最近は自分のことでいっぱいいっぱいで、ブログも書いてなかったし自分で「自分を大切にする重要性を伝える」ということも忘れてしまっていました。。

非常に情けないですorz

でもこれを思い出した今、とてもスッキリしています。戻ってくるべきところに戻ってきた感じがします。

これが大元だと考えると、この職場も確かに「あの思いを持ってから初めて挑戦した場所」としてステップになるなあと思いました。

人生に迷った時、答えは自分の中にある

私はここのところ、自分はこの職場を離れた後どうしたらいいのか分からなくなって不安や焦りばかりが大きくなってしまっていました。

他人に相談しようかとも考えましたが(実際夫には相談して派遣を勧められたw)、、でも答えはやっぱり自分の中にあったんですね。

固く決意した過去があったから、自分のやるべきことに気づいたとき、腑に落ちたのでしょう。楽になったのでしょう。

今後、その軸を大事に、改めて仕事選びしたいなあと思っている所存です( ゚▽゚)/

そうすればどんな選択でも納得して自信を持って挑戦できると思うのです。

「なぜ?」という問いかけ

今回の私みたいに新しい仕事を始めようと思った時、または続けていて迷い始めた時、

「なぜこれをやろうと思ったんだっけ?」

「なぜこの会社を選んだんだっけ?」

という風に初心に返るような質問を自分に投げかけると、納得できる答えが見つかるかもしれません。

「なぜ?」という問いかけが大事ですね。これを続けていくとやりたいことの核心に近づける気がします。

もし今回の私みたいに、「なぜ?」の先に出た答えに今の自分が納得すればその道を続ければいいし、納得しなければ別のやりたいことが本当はあると気づくはずです。

 

てか思ったんですけど、何かやりたいことを持っていたとしても、忘れることってあるんですね。←のんきかよ

でも私だけかもな笑

結婚生活でも・・・(ノロケ)

結婚生活も同じかもしれませんね。迷ったら、

「なぜこの人と付き合いたいと思ったんだっけ?」

「なぜこの人と結婚しようと思ったんだっけ?」

ですね。

私の場合は、今の夫と付き合いたいと思った理由は「この人の人生に彩りを与えたいなあ」でした。

今考えるとすごい傲慢ですねwww

私は自分の破天荒に自信があったので、あまりに淡々と生きている、けれども優しいこの人といたら、何かしら楽しさを提供できるんじゃないかって思ったんですよね。優しさの恩返しに。

で、今も夫の優しさは変わりません。私も同じことを思っています。この人が一人でいたらできないけど、私といたらできる楽しいことを一緒にやっていきたいなって思います。そうやって人生を楽しく送ってもらえればいいなと思っています。

昔の考え(初心)に今も納得できました!

ふと思ったんですが、夫が変わらず優しいから私もそう思うのかな。それとも私が楽しさを提供しているから夫が優しいのかな。でも上手くいってるのは相互に作用しあってるからですよね、結局。

その辺は、夫婦の場合自分だけじゃないから、お互いを思うバランスが崩れると少し大変かもしれませんね。自分だけが思ってても、っていう。夫婦の場合、お互いがお互いを変わらず思い合うことが大事だなあと改めて思いました。

 

そんなこんなスッキリな今日、初めて帰り道で夫と遭遇しました。笑

すごい嬉しかったです!

急に後ろから肩叩かれて「えっ!?」とびっくりして振り向いたら夫でした。

夫「帰りに遭遇するの初めてだよね?^^」

仕事帰りに一緒に帰るとか恋人みたいな気分になれました^o^ありがとう

ここ最近の憂鬱が嘘のように心が晴れ晴れとしています!

 

また明日から新しい一日。

初心を忘れず、恐れを捨てて、強く生きるぞ(^o^)

明るめなブログが書けてうれしいです!

 

そんではまた〜(=゚ω゚)ノ

 

f:id:haisetan:20170316011432j:plain

(最近の作品『贈る花』)