Amuhara Living

趣味のブログ

ずっと行きたかったアイシングクッキー教室に行ってアイシングの基礎を学んできました

先日ずっと楽しみにしていたアレに行ってきました。

そう、アイシングクッキー教室です! 

f:id:haisetan:20170530235032j:plain

ずっと行ってみたかった

アイシングクッキーは、大学4年生の頃に知り合いのモデルの方がインスタグラムでアイシングクッキー教室に行った時の作品を載せていて、それで興味を持ちました。

アイシングクッキーそのものに興味を持ったのか、アイシングクッキーをやっているモデルのおねいさんに惹かれてやりたくなったかは定かではありません。笑 どっちもかな笑

そのおねいさんは、コスメのアイシングクッキーや、ティファニー風のアイシングクッキーを作っていたのですが、本当に可愛くて素敵だったんですよね〜。

すぐに友達に共有して、「アイシングクッキー習いに行こう!」となりました。そしてそのやる気とは裏腹に、約4年後に実現することになります。(やる気なんてなかったんじゃ。。笑

アソビューというサイトで個人宅のレッスンを見つける

そろそろ行くか、となり「アイシングクッキー 教室」と検索したらたくさん教室が出てきました。ですが、はじめ調べた感じ、結構お高い感じがしました。。私たちの予算は5000円!体験でも、意外と1万円くらいはしたりしていて。

それでも根気よく調べてみると、このアソビューというサイトでアイシングクッキー体験で4000円の教室を見つけました!先生が個人でやっているところです。

www.asoview.com

このサイトは、様々な体験を提供する側とやってみたい側を結びつけるサイトのようです。今はいろんなサービスがあるんですね!

私たちが予約したのは先生(女性)が個人宅でやっている教室で、女性限定、アイシングクッキー体験2時間を4000円でできるものでした。材料などは先生が用意してくれ、私たちはほとんど手ぶらで参加できました!

実際行ってみて。作った作品など。

行くともう先生が準備して待っていてくれました。

この体験の手順と、やり方などの簡単な説明を受けて、早速開始〜

f:id:haisetan:20170530225301p:plain

この写真は作っている時のです。これは友達ですが(^_^;)

アイシングは粉糖メレンゲパウダーでできていて、それを混ぜて絞り袋みたいなもの(コルネという)に入れて、それを絞る形で、クッキーに模様付けしていきます。

☟色をつけたい時は食紅や以下のような着色料を加えて色づけします。

食紅だと少々淡い色になるそうです。

面を描く時は硬いアイシングと、柔らかいアイシングを使うのですが、まず硬いアイシングで枠を描き、柔らかいアイシングで内側を埋めるように塗っていきます。

☟このサイトがめちゃめちゃわかりやすいです!

こういうサイトあると、実際一度習いに行ったらあとは自分で自宅で全然楽しめそうだな〜♪

はい、そいでできたのがこちらです!

f:id:haisetan:20170530230504p:plain

今回はアリスのアイシングクッキーをやりました♡♡練り砂糖?なども使って立体的に飾り付けしました♪

f:id:haisetan:20170530230532p:plain

コップのふちにつけるタイプのものです!かわいい!

やってみて

約4年越しの思いが叶って嬉しかったのと笑、やはりとても楽しかったです!!今回やったのは基本的なやり方、というか塗り方のみでしたが、楽しくて時間があっという間でした。

アイシングクッキーはデザインの幅が広いので、デザインや絵を描くことに興味がある人や凝り性の方はすごく楽しくでき、向いているんじゃないかと思いました♪ 

季節ごとのモチーフを毎月作れたら素敵ですよね〜。あと、子供がいたら子供がめっちゃ喜びそう(^o^)実際親子でレッスンに来ている方もいるみたいですよ〜。

ただ食べ過ぎ注意だけど笑

とにもかくにも、とてもいい経験になりました。先生ありがとうございました(自宅も素敵でした)。

アイシングクッキーの作り方を学べるサイト

最後にアイシングクッキーの作り方を学べるサイトを並べて終わりたいと思います。

www.cotta.jp

kinarino.jp

www.nut2deco.com

shufu-arekore.com

私も時折これらのサイトを参考にして、また自分でやってみたいと思っています(^o^)

 

ではまた!